カテゴリ:Film( 29 )

ブラックスワン

f0028584_12192040.jpg

昨日は映画の日だったので、『ブラックスワン』観に行って来たよ。

深夜だったけど、割りと人もいた。
観れないで終わっちゃうんじゃないかと思ってたけど、
観れてよかったー。

バレエダンサーのすごさと
ハリウッド女優のすごさに圧倒された。
わたしなら、1年たらずであのバレエを習得できる気がしない…(´Д` )

てか、もう完全に肉体まで変わってたもん。ナタリーポートマン。

それくらい没頭して役を生きたら、見える世界が毎回変わってくるんだろうな。

精神力だなぁ。

いい作品だった!
[PR]
by mizuhoxx0129 | 2011-07-02 12:00 | Film

邦画ウィーク

f0028584_2284461.jpg

この1週間邦画ばかりを5本借りて、邦画ウィーク過ごしました(笑)
『アヒルと鴨のコインロッカー』借りようと思い続けて4年目にやっと観ました。
どんだけ先延ばしにするねん。

これ、でも、噂通りおもしろかった!
よくできていておもしろい。
おススメです。

あと借りたのは、「百万円と苦虫女」「転々」 「純喫茶磯辺」「ディアドクター」
どれもよかったです。
毎日映画を観ていると、役者のお芝居や、話しの展開などそれぞれ特徴があって
色々勉強になるなと思いました。
ハリウッド映画と比べて邦画は地味だけど、
日常にあるようなことをうまくドラマにできるとこが
邦画のすごいとこなんじゃないかと思います。

今回借りたの全部ほんと地味だな(笑)
でもおもしろかったなぁ。

今日は早速『8mile』借りました。
[PR]
by mizuhoxx0129 | 2010-06-14 02:56 | Film

80%OFF

f0028584_4352161.jpg
ヤマネコ更新したぜよ。

そしたらこんな時間で、眠いです…

でも明日返さなきゃいけないDVDを観なくては!
眠い!

これは「69 sixty-nine」
妻夫木くんと安藤政信さんが出演している映画
なんと、ツタヤで80%オフで売られていたので買いました!

80%って!!
激安じゃないですか。

ちなみに1260円です。

随分前に観ておもしろかったので。

原作を読んでいる人には物足りなかったという話も聞きますが、
原作読んでなかったわたしは
単純におもしろかったです。

ふたりの方言が良いのです。



今から観るのは違うDVDですが。

こないだは、柴咲コウさんの「少林少女」と
松山ケンイチくんと永作博美さんが出ている「人のセックスを笑うな」を借りて観たのですが、
どっちもう〜んてな具合で。

「人の〜」の蒼井優ちゃんはめっちゃ良かったな。
蒼井優ちゃん大好きです。
素敵な女優さんです。

この人の芝居は大好き。

あともう1つ借りた「自虐の詩」を今から観ます。
これはわたしの好きな監督である堤幸彦監督で、
出演者は中谷美紀さんと阿部寛さん。

なんか、おもしろそうじゃないですかー。

寝ないでがんばろ。
[PR]
by mizuhoxx0129 | 2010-02-16 04:47 | Film

それぞれ

f0028584_19144373.jpg
こないだお休みになった日に、借りてたDVD4本一気に観ました。

「深津絵里のブラコメ」、土屋アンナさん主演の「さくらん」、大竹しのぶさん出演の「キトキト!」、
佐藤江梨子さん主演の「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」

「ブラコメ」は、GYAOでやってた深津絵里さんのブラックコメディ。
一話10分くらいのドラマとか、CGアニメとか
いろいろ入ったのをまとめたやつだったので軽く観れたけど、
それ以外の3本はなかなか濃かったので、
「観たわー」という充実感と言うか疲れと言うかが、ドッときた。

「腑抜けども〜」はタイトルとジャケット?に強く興味を魅かれて気になっていた映画で、
気になっていながら、何故かなかなか借りてなくてやっと観ました。

…どうでもいい話だけど、あのタイトルなんだっけ?と思い出そうとすると、
いつも、「けものがれ、俺らの猿と」という永瀬正敏さん主演の映画のタイトルが必ず出てくる…

「腑抜けども〜」は、期待通りおもしろかった〜。

ていうかあんな女が家族にいたら本気でイヤだ!!

なんか笑える勘違い女なんだけど、
半分本気でムカついた。

「キトキト!」は大竹しのぶさんが、2人の子供を女手一つで育てた肝っ玉母さんを演じていて、
ぶっとんだ母親なんだけど、子供に対する愛情の深さとか家族ってものが描かれていて、良かったなぁ。

母親ってなんか恥ずかしい行動とかするし、
キャンキャンキャンキャン言ってうっとおしいけど、

こういうことって、愛情ないと出来ないよなぁと
よくよく考えてみなきゃわかんないような愛情表現とかしてる。

よくよく考えてみないと…っていうか、
いつもそこらじゅうに散りばめられているから
当たり前な気がして気付かないんだろうな。
あと、別にそんなことしなくていいから!ってことだったり(笑)

息子役の俳優さんの、「恥ずかしいからマジで勘弁してよ!!」って演技が
リアルに、ほんとに勘弁して!って顔してて良かった(笑)


他にも観たい作品たくさんあるからまた借りよー。
[PR]
by mizuhoxx0129 | 2010-02-06 19:38 | Film

ラブリーボーン

f0028584_3375249.jpg
なんか最近ボッとしてたなと思ったら、誕生日で浮かれてました(笑)
さぁさぁ日常に戻らないと…

先日観た『ラブリーボーン』
映像がものすごかったです。

14歳の少女がレイプされて殺されるという悲惨な事件から始まるのだけど
その亡くなった少女が語り手で、
描かれているのは死んでからの少女の成長物語とか家族の再生の物語

というのかな。

海外ドラマの「ゴースト」みたいな感じを期待してたけど
そうでもなく

でもなんか失って現実を生きる側と
死んだあと、死後の世界と現実の世界との狭間から
家族を見守っている少女と
両側の世界が描かれているので、

なんていうか

希望がある話しだったと思うです。


彼女がいる「中間の地」という場所を表す映像が
めちゃくちゃ壮大で綺麗で、
本当にボーーーっとしちゃうくらい綺麗でした。

死んだあとあんな場所に行くんだったら、死ぬのも怖くないって思えた。
逆にいえば、亡くなった身内とかがあんな場所にいるんだったら
嘆くこともないなって思いました。


サスペンスのようにハラハラさせられる場面もあれば、
ハートフルな場面もあり、

喜怒哀楽全部使って見入ってました。


あぁ〜もう一回観ようかな〜。

たぶん時間があれば、も1回観るなぁ。

絶対映画館で観た方がよいです♪
[PR]
by mizuhoxx0129 | 2010-01-31 23:36 | Film

競演

f0028584_2293369.jpg
「ゼロの焦点」観に行きました!

中谷美紀さんがすごい!!と聞いたので、
すごいなら観なきゃ!!って。

そして、いつものようにすごかったです。
映画終わりにおばちゃんたちが、中谷美紀さんを絶賛していました。
「ほら、仁ってやってたじゃない?あれも花魁の役で、綺麗だったのよー」って言ってました。
仁観てなかった…
そんなに良かったのかー。

でも、木村多江さんもすごく良かったです。
あの素朴な役柄がばっちりはまってました。

映画は、松本清張のミステリーを映画で観たって感想。

松本清張のって、なんか過去のことが原因で事件に発展するっていうストーリーが多い気がします。

あの頃は、どんなことをしてでも這い上がるというハングリー精神が強くなきゃ
生きられなかったのかな。

なんて思った。

わたしは暴かれて困る過去なんかないから、
事件は起こさずにすむな。
思い出したくないようなことがないように、ちゃんと消化して生きるのだ。

f0028584_2444215.jpg

映画後はランチで韓国料理。

財布を無くしたと言ったら、友達が映画代も貸してくれ、
ランチもごちそうしてくれた!!

ありがとうです(T_T)
[PR]
by mizuhoxx0129 | 2009-12-27 14:29 | Film

母なる証明

f0028584_234765.jpg
THE 映画館。

公開してしばらく経って、あまり人が来ないような時期とか、
レイトショーとか、映画は混んでないときに行くのが一番よいです。

今日は、前売り買ったまんま、なかなか観に行けないでいた『母なる証明』を観に行って来ました!
f0028584_2105088.jpg

最終日故にガランガラン。

ウォンビン復帰後、5年ぶりの映画ってことで、
密かにウォンビンファンのわたしは、それがどんな作品でも観るでしょ!!って勢いなわけですが、
この作品すごく良かったです!

何年か前に観た、韓国で実際に起きた未解決事件を映画化した『殺人の追憶』という映画の
ポン・ジュノ監督の作品。

『殺人の追憶』は、一体誰が犯人なんだ!?と惹き込まれて観ていたんだけど、
「はっ…!でもこれ、未解決の事件を映画化したノンフィクションってことは、
結局犯人わかんねんだーーー!!!」ってことに途中で気付き、
「どうせ解決しないんでしょ」とテンションがた落ちで観た記憶がありますが、
それでも悪くない映画だった気がするので結構期待してました。

これは事件の真相がわかるけど、
わかったときに、人間の心理が問われるような感じで、
わたしも実際自問自答して、すごい色々考えちゃいました。

ほんとにミステリーとか越えた、人間ドラマって感じです。


ウォンビンもすごく魅力的に演じていたし、
今まで見た役柄の中でもピカイチだったなぁ。

よくできた映画でした。
[PR]
by mizuhoxx0129 | 2009-12-11 20:53 | Film

空気人形

f0028584_27577.jpg
空気人形観に行きました!!

是枝監督、ペ・ドゥナと言ったらもう、わたしのツボ。
観ないわけにはいかないと、
公開前から楽しみにしていた作品です。

すごく、柔らかくて、淡い感じの印象でしたが、
やっぱり、是枝監督作品、
えぐい程のリアルさが、転がっていました。

みんなこんなに寂しいの?

こんなに孤独な人たちが、
世の中に、こんなにたくさん溢れているの?

そこは考えるとこじゃないかもしれないけど、
どうしたらいいんだろうと思いました。


ペ・ドゥナは、またすごく良かった。
やっぱりこの女優さんは好きです。

なんか日本語前よりうまくなってるし(笑)

こういう繊細な感情を表現できる女優さんに、わたしもなりたいな。
やっぱり、引き出しをたくさん作って、
瞬時に引き出せるようにいるのは難しい。

難しいと言うか、努力が必要だ。

努力なくして、なんでもプロにはなれない!!
頑張るのだ!!!


そして、誰かと映画を観に行くと、
終わった後、あーだこうだと話し合えて、なかなかよいよね。
一緒に行った人が、自分とは全く違った視点から観る人だったので、
映像や登場人物の意味とか、
わたしが普段考えないようなことを、あれはこういうことなんじゃないかと指摘していて、
そういう見方をするのか〜と驚いた。

役者のわたしより、よくわかっている感じで、
どういう気持ちになったかしかでみない自分がアホっぽく思えた…。

しかも、パンフレット見たら、
その人が言ってるようなこと書いてあったし!

脱帽。
[PR]
by mizuhoxx0129 | 2009-10-17 22:07 | Film

20th Century Boys

f0028584_3722.jpg
スピリッツの、これから始まる漫画の第1話だけ集めた、小冊子みたいなのがあって、
昔バイト仲間と飲みに行ったときに、白木屋でもらったのを覚えている。

その中には、20世紀少年、最終兵器彼女、あと、なんだっけな…
なんかとにかく有名な漫画家を含む、何点かの作品があって、

それで見たのが、20世紀少年に出会った最初。

おもしろいなぁと思って、かといって特に探して読むわけでもなかったが、
友だちの友達が読んでいるらしく、その友だちが借りてきたのを、
おーこれいつか見たあれじゃんと思って、マタ借りし始めた。


それから、半年に1回くらいのペースで、漫画喫茶会を開き、
(と言っても、気が向いた時に、そろそろ行くべ!と友だちを誘って行くだけだがね)
みんなで20世紀少年に、めっちゃはまってた。

ともだちは誰だという話から、

もし、これが映画化したとしたら、どの俳優さんがいいと思う?
と、それぞれのキャラクターを、誰が演じるかを話し合ったりした。

主題歌も勝手に決めた。
エンディングは、ミスチルの「HERO」がいいと思った。

そんな遊びをしていた数年後に、本当に映画化が実現された。
うわー、現実になった!という感じだったり、やっぱり!って感じだったり。

一緒にその遊びをしていた友だちとは、もうあまり会っていなかった。
一緒に観に行きたかったけど、なかなか時間が合わず、
結局、第1章と第2章は、DVDで観て、
第3章だけ、映画館で観ました。


漫画と違うラストってことで、
実際漫画の終わり方がよくわかんなかったので、
映画で観て、やっと理解できた気がします(笑)


すごく、映画ならではの醍醐味が味わえて、ラストは本当に感動しました。
いい終わり方だと思う。
あのラストがなかったら、正直、「………」で、感動も何もなかったな。


ともだちは何故作られたのか。

自分たちも、もしかしたら、「ともだち」を生みだしてしまっているかもしれない。


人間の記憶の、不確かさ、
こちら側とあちら側の見方の違いによる大きなズレ
犯罪者も昔は子供だった。
そんな言葉を思い出したけど、
その通りなんだろうと思った。

人間は決して強くない。

でも、弱いばかりでもない。


解決しない問題だけど、
「だからって、人を殺したら、あなたがやってることは、ともだちがしてることと同じになる」
ユキジがカンナに言った、こんな風なセリフがあったけど、

できることは、そういうことだなと思った。


たくさん、いろんなことを考えさせられました。

観に行ってよかった。
[PR]
by mizuhoxx0129 | 2009-10-06 23:11 | Film

包帯

f0028584_1133815.jpg
トヨコと『包帯クラブ』観に行った!!
何がってCMで観た柳楽優弥くんの関西弁に魅かれて観た。
そう言えばそれだけの効果で「おもしろそう」と思って観に行ったなぁ。
あらすじなんて直前に知った…。
堤監督というのもそもそもあったんだけど。

そんで柳楽くんすごい良かった!!
なんて子だい!
もともとのシャイなイメージとは全く違う一面を堂々と表現していて素晴らしかったよ。(えらそうに…)

この映画わたしは相当好きです。
何ヶ月かぶりにたくさんの涙を流したな。
少しでも人の気持ちを救ってくれる映画だと思います。

こうやって人の気持ちが少しでも救われたりするのだったら、
わたしは、烏滸がましいけどそのために表現したいと思いました。

そもそも役者をやりたいと思った理由は
自分が目立ちたいからです。
なるべく多くの人に、自分の存在を知って欲しい。
何億といる人の中でわずかな人にしか知られないまま死ぬのはいやだ。
きっかけはそんなもんです。
もちろん役者じゃなくても知られることは出来る。

だけど役者なのは、好きなことをやっている自分を見て欲しいから。
なぜそれが好きなことなのかと問われるとそこはまたわかんないんですが…。
犯罪犯したって有名にはなれるだろうけど
もちろんそんな風に知られるのはイヤだし(笑)

そんな理由だったけど

わたしにも伝えたいことはあったりする。

包帯クラブとリンクするんだけど、
自分一人が何かやったからって、何かが変わるなんて大それたこと思ってないし、
自分が何か出来る人だなんて思ってはいない。

だけどだからって何もやらないままでいたら、変わる可能性すらない。

なにかやって変わらないゼロと
なにもやらないで変わらないゼロはちがう。

心動かされない日々のわたしに、
泣いたり笑ったり
ほんの少しでも心を動かせてくれたものが
ドラマだったり映画だったり舞台だったりお笑いだったり
手を抜くことなく演じている俳優さんや、創り手の人たちだったから
その動くことない心が少しでも動くことだって
立派に何かを与えているのではないかと思うのです。

微動だにしない心が微動することでもいいから
やっぱり何かを与えられる役者でいたいです。
[PR]
by mizuhoxx0129 | 2007-10-05 07:01 | Film


★みずほのWeb日記★


by mizuhoxx0129

プロフィールを見る
画像一覧

Profile

阿部恍沙穂
誕生日:1月29日
出身地:大分県
サイズ:151cm
趣味:写真、詩的なものを書く事
特技:動物のまね、卓球、似顔絵
               
☆近況☆

▼オンライン即興劇
 『生ネコバニーの冒険』
USTREAMにて
配信スタート!!
毎月最後の月曜日
20:00 START!!

♦今月の放送日♦
7/25(mon)20:00~

「映画チャンネル」にて放送

『古潤茶』劇場公開
「エコエコアザラク」に出演
8/27(土)~9/2(金)
渋谷ユーロスペースにて
21時~レイトショー
9/2(金)DVD発売

▼阿部恍沙穂公式HP
 開設しました!
 ヤマネコ・バニー
※photo&words
「ヤマネコのうた」も
こちらでやってます!

▼twitter、Facebook、mixiやってます!
フォロー、お友達、マイミク申請大歓迎です!

*Link*
HPヤマネコ・バニー
生ネコバニーの冒険
ツイッターyamabuny
フェイスブック
mixi
株式会社KIYORAS
スタジオ・ガンボ
流れ弾ブログ
tomochiのブログ

カテゴリ

全体
I'am
Act
my Favorite
Life goes on
Think about…
Information
Cook&Food
love Cosme
Film
TeleVision
no Music,no life
Friend ship
do Family!
cutie Beast
Hometown
Beautiful Dreamer
Original color
未分類

Twitter

最新の記事

ブログ引っ越しました!
at 2011-07-21 11:01
宣伝にいきます
at 2011-07-20 17:29
ノリキレナイ
at 2011-07-15 17:24
痛そうなシーン
at 2011-07-12 20:47
牧場堪能
at 2011-07-10 16:45

以前の記事

2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月

お気に入りブログ

さるの王国
:::KUBOCHIN!:::

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧